結婚・出産でお金が必要になりました。

私が人生で1番お金が必要だと感じたときは、結婚・出産のタイミングでした。妊娠発覚での結婚だったのでお互いに貯金もほとんどなく困りました。
式を挙げればかなりのお金がかかってしまうので、式をすることはしませんでしたが記念にと写真だけは撮りました。それ以外にも両家の顔合わせや結婚指輪の購入で自分たちが想像していた以上の費用が必要となりました。さらに平行して妊娠していたので定期検診でお金を必要とし出産費用額の貯金、赤ちゃんのための布団や洋服など揃えるために貯金もしなければならなく。かなり苦しい日々が続きました。
なんとか貯金してた分を使いながら結婚に向けて準備は出来ました。それ以降の事が不安になりましたが、ありがたいことに親戚の方からのお祝いを頂き結婚費用で使った分よりプラスになりました。しかしお祝いを頂けばもちろん内祝いとしてお返ししなければならないので、そこでまたお金を必要としました。内祝いの相場が3分の1~半額だったので、手元に残る金額も多く内心嬉しかったです
結婚後の半年は、お給料の3分の1は出産費用の貯金に当て生活はぎりぎりでしたがなんとか生活できる程度という感じでした。お互いに今まで、会社の昼休みには外食で済ましていましたがお弁当・お茶を持参するようにしてからは食費がかなり浮きました。検診や出産で使った費用は市から負担してくれる金額を抜いても20万前後でした。
年末年始のタイミングでの出産だったことで、休日手当のようなものがプラスされた事と入院していた病院は全個室だったので。他の病院よりも高額だったことが原因で、一般的な金額よりもプラス10万ほどかかったように思います。結婚・出産までの期間は1年もなく訳10ヶ月の期間でしたが動いたお金は100万ほどあり。自分たちが想像していた以上に人生で1番大変な時期だったと思います。しかし働いてお金を貰っている以上、努力次第でなんとかなるものだと実感した1年でした。
住宅ローンを実質10年無利子で年収の10倍借りられる法
住宅ローンの条件に限れば、自宅を購入するのに今が最もいい時期であることは疑いようがない。それもローンの優遇税制を使えば、金利は実質ゼロになる。それに反して、物件価格は以前よりも高くなっただけでなく、1年半前から横ばい傾向を示しており、値下がりを怖れる人も (続きを読む)